<<05  2018,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたの、ほわちょこ。
午後のひと時にほわちょこタイム


「梅雨こそ、ほわちょこ。」


どうも。劇団ホワイトチョコが好き。です。
月日の経つのも早いもので、もう五月の後半、終わりに近づいております。
六月。六月といえば、梅雨。

さて、ほわちょこの歴史に刻まれるであろうリーディング公演の一回目、
何故こんないやな時期に設定したのかといいますと…

ゴールデンウィークもおわって、イベントも少なくなって、
夏ももうすぐで、みんなうずうずして「ああ!」となっているに決まっている!

という理由からでした。
私自身、毎年六月に気分が落ち込んだりするのです。

そんな時期に、刺激的でかつ新しいこの企画をやったら
きっと、需要と供給が一致するのでは!と思ったのです。(なんのこっちゃ。)
はい、すべてはそこから始まったのです。

はい。

そう、だから今回のフライヤーには、
「梅雨こそ、ほわちょこ。」と入れてみました。

トランス宣伝用裏
↑ クリックしてみてみてくださいね♪

お写真を撮って下さったのは諏訪部農さん!
素敵なお写真をありがとうございます。
デザインは、制作、それから今回出演もしております、廣瀬響乃。

トランス宣伝用

そう、ほわちょこは最初から最後までぜんぶ手作りです。
作品関係するすべてのものに、作品に対するあつい思いや愛がつまっております。
山梨で活動する、そんな劇団ホワイトチョコが好き。第五回公演は、
「第三舞台」で有名な鴻上尚史作の「トランス」にリーディングという、
当劇団では初めて、新しい表現に挑みます。
(リーディングってなあに?という方、当ブログにて近々紹介いたしますので、またアクセスしてみてくださいね!)

そう、これを読んでいるあなたは、ここ山梨県甲府市の劇場へちまで目撃する!
山梨の演劇史にきっと残る作品を!刺激的で新しい表現であなたの中にある、何かを!!

なんつって。こんなむずむずする宣伝文句を書く日が来るとは!笑
とにもかくにも、今回の作品に対するそれぞれの思いは(自分でいうのもあれですが、)本物です!
若いからって中途半端だと思ったら大間違いだぞ!!そんなもんみせまへんで!!

なのでチケットはお早めにご予約下さいね*^_^*

劇団ホワイトチョコが好き。
リーディング企画vol.1


「トランス」 

作:鴻上尚史 演出:小野諭佳梨

《出演》
樋貝孝弘/ 廣瀬響乃 / 山本将広

《日時》全3回公演
6月11日(土)
①18:00開場 18:30開演
6月12日(日)
②13:00開場 13:30開演
③17:30開場 18:00開演
※各回30名限定
 席数に限りがあるため、お早めのご予約をお勧め致します。

《会場》
文化のるつぼ へちま
 住所:〒400-0032 山梨県甲府市中央2-13-20
 電話:055-236-5651
 *甲府駅南口より徒歩約10分 岡島百貨店近く
 *専用駐車場はございません。周辺の一般有料駐車場 または公共交通機関をご利用下さい。

《料金》
前売券 1,000円
当日券 1,200円
高校生以下 800円

《チケット》
・チケット予約フォーム ☞こちらをクリック!👈
QR


 当ホームページ右上の"チケット予約"をクリックしていただいても、専用ページに移動できます。
 高校生以下のチケットをご希望の方は、その旨を備考欄へご記入ください。

・お電話 090-2159-2329(制作担当)
 時間帯によっては繋がりにくい場合がございます。出られなかった場合には、折り返しご連絡を差し上げます。

《お問い合わせ》
メール teatro_suona@yahoo.co.jp
お電話 090-2159-2329 (制作担当)
時間帯によっては繋がりにくい場合がございます。出られなかった場合には、折り返しご連絡を差し上げます。

皆様のご来場、心よりお待ちしております。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント:受付中)

プロフィール

劇団ホワイトチョコが好き。

Author:劇団ホワイトチョコが好き。
山梨県内で活動する、小野諭佳梨、後藤久美子、廣瀬響乃の3人が主宰する演劇ユニット。

山梨県内のワークショップでの出会いをきっかけに、2011年11月に結成。以後、公演ごとに演出や出演者を変えながら、精力的に公演活動を行っている。
メンバーは地元山梨を愛する社会人らで構成され、甲府市を拠点に活動中。

本公演のみならず、ワークショップやリーディング公演なども不定期的に開催。
演劇ならではのライブな表現方法で"日常"を切り取り、見つめ直すことで、身近な生活の中につながる新たな視点を探る。

公演会場は、藤村記念館(甲府駅北口)など県内各所。地域に根付いた演劇活動を目指す。次回公演は2018年秋を予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ツイート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。